松阪牛焼肉M 難波店

Matsusaka Beef Specialty Since 2004

松阪牛焼肉M 法善寺横丁店

当店について

松阪牛焼肉 M 難波店

近年賑わいを見せる“裏なんば”に、2018年9月13日オープン予定の「松阪牛焼肉M 難波店」。 様々な飲食店が立ち並ぶこの界隈に、ジャパニーズモダンをテーマにしたシックな佇まいがひときわ目立ちます。一階から三階まで、団体のお客様にもゆったりと松阪牛焼肉を楽しんでいただけるよう個室もご用意。落ち着いた空間で松阪牛を存分に味わっていただけます。「シックな空間で最高峰の松阪牛焼肉をおもてなし」これが松阪牛焼肉M難波店のスタイルです。

姉妹店である松阪牛焼肉M 法善寺横丁店は、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の“外国人に人気の日本のレストラン”で2014年に第1位、2015年は第5位に選ばれました。また、“トラベラーズチョイス レストランアワード”は全国で第2位の賞を2014年に、第9位を2016年と2017年いただき、最高のサービスとホスピタリティを提供し、トリップアドバイザーの口コミで一貫して高く評価されている“エクセレンス認証”を2014年から2018年の5年連続で受賞し殿堂入りしました。

松阪牛専門店だからこそ味わえる
肉の品質と価格

松阪牛専門店としてこだわり続けた「M」の歴史。創意工夫とひと手間を重ねる事により、高級な松阪牛をお手頃価格で提供させていただいております。株式会社ライトハウスは、松阪肉牛協会の「指定第92号」正規会員です。

松阪牛とは

『松阪牛』と呼ばれるのは、松阪牛個体識別管理システムの対象地域(三重県の旧22市町村)で肥育された、未経産の黒毛和種の雌牛だけです。 全国から生後7ヶ月~8ヶ月ほどの優秀な血統の雌の子牛を、きれいな水と豊かな四季が巡る恵まれた風土のなかで、生後約3年まで(通常の和牛は2年)独自の餌と飼育法をもちいて手塩にかけて育てられます。松阪牛は、このような長期肥育と優れた資質、恵まれた環境が、行き届いた肥育管理があってこそ生まれる『肉の芸術品』です。また、黒毛和牛のなかで、最も肉が柔らかく、霜降りが入りやすい、未経産の黒毛和種の雌牛のみにこだわり続けています。

産地直送の松阪牛

当店では、現地「三重県松阪」に松阪牛買い付け専門の社員を常駐させ、専門家の目で吟味、選別した松阪牛の枝肉を全量仕入れております。お客様に新鮮かつ、お手頃に味わっていただきたいというMのこだわりです。

元祖・松阪牛の味比べができる焼肉店

松阪牛焼肉Mでは、松阪牛の枝肉を一頭丸ごと買付けしているため、さっぱりとした赤身のモモ肉から、たっぷり霜降りのサーロインまで、種類豊富に松阪牛を味わっていただけます。枝肉一頭買いを行っている当店ならではの醍醐味です。一般的な部位はもちろん、一頭からわずかしかとれない稀少な部位や、ホテルやステーキハウスなどで提供するようなプレミアムなお肉も、お手頃に味比べしていただけます。

日本の焼肉

当店でお召し上がりいただく松阪牛焼肉は、上質な牛肉を特製の醤油や塩でお召し上がりいただいております。また、盛り付けにもこだわり、見た目の美しさからも日本の焼肉スタイルを提供いたしております。